コンテンツマネジメントシステムとは、ウェブサイトやポータルサイトの構築そして管理に使われるものです。インターネットでウェブページを作りそれを運用していくには、HTMLファイル、これを保存するディレクトリ構造といった多くの知識が必要でした。

しかしコンテンツマネージメントシステムは、扱う人間に技術的な知識がなくても、テキストそして画像などのコンテンツと呼ばれるものを用意することができれば、ウェブで情報発信をおこなうことができます。

テンプレートの選択によって全体のデザインを簡単に変更することができますので手間がそれほどかかりません。インターネットサービスのプロバイダでは、顧客サービスの一つとしてコンテンツマネジメントシステムを使って簡単ホームページ作成といったサービスも行っています。このように自社で独自のコンテンツマネジメントシステムを多く開発している制作会社も数多くあります。

非常に簡単なものから、ある特別な目的に特化したものといろいろあります。そしてその規模もいろいろあります。例えば企業や自治体向けの大規模なものに関しては、ページごとの公開期間の時間管理や、公開を認めるワークフローそしてサイト内のリンク切れの防止さらにデザインの統一など。

そのほかにもバージョンの管理などの機能があります。品質をそのままで、共同作業をいかに効率よく行うかが特徴でもあります。個人向けでは、それぞれのブログツールが知られています。ブログツールは、ページの自動生成や公開日指定などの機能が用意されています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket